輪島市の永井豪記念館|石川県能登半島おすすめ観光スポット

どうも、ピロです。

見て下さい隆起したこのバスト。

もうお分かりかと思いますがこれは僕ではありません。

僕は現在輪島市に来ており、生憎の雨と閑散期の冬ということらしく。皆さんお困りの様子。

朝市では売れなくて困っているおばちゃんたちに泣きつかれ

「のどぐろ」と「ふぐ」の干物を買ってしまいました。

まぁ、6枚も入って1,000円なので良いのですが。

さて、どこを取材したらよいものか。

輪島市の永井豪記念館

雨が止まないので何処か店内に入れる場所を探しているとマジンガーZが現れました。

朝市通りにぽっと現れたのでここだけ異様です。

 

取敢えず写真を撮ります。

 

 

アシュも撮ります

 

最近思ったのですがアシュはおしゃれですね。靴がいつも違うんですよ。

誰かが「おしゃれは足元から」って言ってました。

 

でもおしゃれ番長アシュも男子のヒーローにはなり切れませんね。

何というか勢いとか逞しさがたりません。

 

大胸筋とか。

 

腹筋とか。

 

上腕二頭筋とか。

この辺の表現が出来ていませんね。

(ちっ 筋トレバカが)

アシュ

永井豪さんについて

ピロ

アシュってこの世代?俺正直あんまりわかんないだよね
はー・・・これだから・・輪島に来るんだったら調べといてくださいよ。

アシュ

永井豪さんはですねー

アシュ

1945年(昭和20年)9月6日に石川県輪島市に生まれました。

アシュ

漫画家を志して『サイボーグ009』『仮面ライダー』などのヒット作で知られる石ノ森章太郎のアシスタントを経て、デビューしたのは1967年(昭和42年)のことです。

アシュ

永井先生の作風の特徴は、少年漫画の世界にバイオレンスや性の表現をいち早く取り入れたこと。これは、後の漫画界に大きな影響を与えました。

アシュ

ピロ

・・・・・
その故郷、輪島市の朝市通りに「永井豪記念館」がオープンしたのは2009年(平成21年)4月、永井先生64歳の時です。

アシュ

斬新だったのは、パイロットが直接ロボットに搭乗(パイルダー・オン)して、巨大ロボットを操縦するという設定です。

アシュ

さらに、必殺技を発射するときには、ただ漫然と発射するのではなく、技の名前を叫んでから撃つということ。

アシュ

ピロ

・・・・・
これにより視聴者のテンションが最大限に高まるという相乗効果を生み出しました。これらは、いずれも後の巨大ロボットバトルシリーズに継承されていくことになります。

アシュ

ピロ

・・・・・

ピロ

以上。永井豪記念館前からアシュでした。
アホ言ってないで入りますよ

アシュ

必殺技“ロケットパンチ”を発射した9分の1スケールのマジンガーZ

受付を済ますとすぐに現れたのは必殺技“ロケットパンチ”を発射した9分の1スケールのマジンガーZ。

 

これはなかなかの迫力です。

 

ピロ

おおーかっけー!アシュ真似してみ!

  

 

ピロ

ふふ 肘が下がって全然ダメですねー、どれどれ変わってみ

 

 

 

ピロ

ほう・・・なるほど。右手は顎をガー・・・ドっと

 

 

 

ピロ

はいはい、ややフック気味ね。

 

 

ピロ

腰を入れてね・・はい!分かりました!

 

 

 

では・・・

 

 

 

リアルロケットパンチここに現る!

 

 

 どん!

 

 

 

 

 

 

ふつう!!!

アシュ

長いからボケてこっちの真似するかと思ってたのに!

アシュ

 

 

 


  

 

 

ピロ

・・・アシュのハードル高いよ。

写真撮影不可の奥座敷にいるもの

永井豪記念館は2つの部屋に分かれています。

最初の部屋は写真撮影OKですが、この部屋を出ると以降は撮影禁止です。

奥の部屋には漫画の原画が飾られていたり、フィギュアが飾られているのですが、

一番驚いたのは・・・・

 

 

 

 

 

 

悪魔がいます。

 

 

いや、本当に。

悪魔がいます。

悪魔って見た事ないんですけど、

いたらこんな感じだなっていう250㎝くらいのやついます。

握力相当ありそうです。

僕の頭にぎって潰せそうな手です。

で、悪魔って手が長くて、身長と同じくらいの尻尾がありました。

足のサイズは多分・・・50㎝位で、体重も凄い重いと思います。

地面にメリこんでたもん。

悪魔には結構びっくりしました。写真撮影が駄目なので見せれないのが残念です。

輪島朝市に行ったら悪魔も見てきてください。

この記念館でしか撮れない限定プリクラ

悪魔を見た後は来た道を戻ります。

最初の部屋はお土産も置いています。

 

 すると・・・

 

 

プリクラ発見!

 

 

 

  

!!!?アシュも発見!!

 

タッチパネル指で触っても反応が無くトントントントン叩いています。

多分左右に置かれたペンを使うのでしょうが気づいていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだトントンしています。

 

 

 

 

 

 

 

あ、勝手に背景決まったようです。

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

この背景でどんな顔すりゃいいんだよ・・・。

 

 

アシュってすげーや・・

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

あ、「あーもういい!」って聞こえました。

永井豪記念館まとめ

輪島朝市通りにある永井豪記念館は、輪島市出身の永井豪さんに関する展示館です。

代表作「マジンガーZ」「デビルマン」「キューティーハニー」など、永井豪さんの名作に関する展示物やお土産がたくさんあります。

永井豪さんや漫画を知らなくても楽しめる記念館です。

ぜひプリクラにも挑戦してみて下さい。

永井豪記念館の基本情報

住所〒928-0001 石川県輪島市河井町
1部123番地(朝市通り)
電話番号0768-23-0715
HP永井豪記念館
営業時間8:30~17:00 ※最終入館16:30
定休日年中無休(展示替え時を除く)
入館料大人520円 小人210円
団体料金大人470円 小人150円(計10名以上で摘要)
障がい者割引大人310円 小人110円
※障がい者割引をご利用の方は付き添いの方
1名様まで割引料金で入館いただけます。
(障がい者手帳をご提示ください)