能登町で【久田(きゅうでん)和紙】作り体験|能登半島おすすめスポット

わし

ピロ

アシュ。
なんかさぁ・・・
おもしろいネタないのぉ?

朝イチ、
いつも質問から始まります・・・。

・・・・・。
(まだ脳みそ準備中っス。)

アシュ

メハギ

あっ!そういえば
和紙作り体験がありますよ!
予約してみますね♡

メハギ

(ピッポッパ)もしもし
・・・あっはい!・・・
宜しくお願いします!

メハギ

予約とれましたよ♡
アシュ!起きて!
和紙作り体験だよ♡

その間3分の早わざ。

ん?えっ?

アシュ

和紙作り体験?
マジすか?

アシュ

キャッホ~!
やったね☆

・・・・・。

ピロ

お、お前ってヤツは・・・。

ラララ~♪

一度やってみたかった和紙作り!
メハギさんのおかげで体験できちゃいます!

久田(きゅうでん)和紙について

わたし、能登町で和紙作りをしているところがあるとは、存じ上げておりませんでした。

久しい田んぼと書いて「きゅうでん」。
石川県の奥能登にあります
能登町の久田地区にて
「久田和紙」という和紙が作られています。

久田和紙の歴史

江戸時代からつくられていた和紙 。だけど、明治の中頃から「洋紙」が普及し始めて大正時代には、とうとう廃れてしまいました。

ところが、昭和63年に地元の小間生(おもう)小学校の学校の授業の一環として児童たちに「江戸時代この地区で和紙が作られていたんだよ」と伝えようと始めたのがきっかけで久田和紙が復活しました。

その第一弾となる活動がこちら。

「自分たちの卒業証書を
自ら久田和紙でつくる!」

面白いアイディアですよね。
すごく大事にするし、思い出に残ります。

その後も学校の授業として
続けられてきたのですが・・・

なんと!
過疎・少子化で小間生(おもう)小学校は閉校となってしまいました。

えっ?久田和紙どうなっちゃうの?

紙工房みわ会について

そんな危機を救ったのがこちら。

地元有志の方々によって生産を継承する団体。
その名も・・・

「紙工房 みわ会」!

みわ会が独自で、造花や人形などの紙細工、使われなくなった木製農具(田植枠)を利用したランプシェイド作りなど、紙を利用した手工芸製作を幅広く行っています。

また、製作した品々については、能登町内外で展示会を開催し、広報活動も展開しています。

この団体の取り組みにより
伝統和紙が現在に引き継がれています!

和紙作り体験に挑戦!

いえ

こちら、小間生(おもう)公民館。

いえ

公民館の敷地内(真横)に「久田和紙」紙工房みわ会の工房があります。

久田和紙で作られた品々

かみ

わっ。
和紙で作られたランプシェード、
花瓶、行灯、うちわ、しおり・・・。

うちわ

その中でもわたしのお気に入りが
「うちわ」です。渋い!

ちなみに、このうちわスタンドは
和紙の原料となります「コウゾ」という木で
できています。

手間のかかる工程

かみ

体験の工程をざっくり説明いたしますと、原料のコウゾという木を蒸して砕いたやつと、トロロアオイという液体ネバネバの植物を混ぜたドロドロの液体が入っている水槽が本日の土俵です。

どろどろ

ちなみに、こちらがトロロアオイ。

その中に、紙すき枠(木枠)を突っ込み、ドロドロの液体を紙すき枠ですくいまして紙の厚さが均等になるよう縦横にフリフリします。

ここまでが体験工程です。
その後の細かい作業はみわ会の方々が
やってくれます。

結論、オイシイところだけ
体験できちゃうわけです!

メハギさんの挑戦!

かみ

何事も卒なくこなすメハギさん。
今回は?

かみ

縦横にフリフリしてドロドロの液体を
均等な厚さにする作業が難しそう。

2回やり直しの3回目で
「みわ会リーダー 西尾さん」
のOKが出ました。

(※体験中は師匠とお呼びしておりました)

かみ

アシュ

(メハギさん。
今度ばかりは
手こずりましたな?)

ウフフ。
次はわたくしの番です!

根拠のない自信ありっ!

アシュの挑戦!

かみ

ヤバッ。緊張します。

ザブッ!

大胆に紙すき枠を入れて~の・・・。

わし

フリフリ。
フリフリ。

は?意味わかんない!
全然だめです!

わし

フリフリして均等にするのが
全然できない!
師匠が見本を見せてくれます。

やり直し。

かみ

フリフリ。
フリリ?フリ?

このフリフリがぁ!

師匠:
「ほら。ここが均等じゃないでしょ?」
「こっちが分厚くて、こっち薄いでしょ?」

師匠~!

わたしには違いが
わかりませんっ!

かみ

このダメダメ生徒を根気よく
指導してくれて
5回もやり直し。ただ・・・

成長の兆しまるでなし!

「ギブ。」
という一言がいえる雰囲気でもなく・・・。

アシュ

し、師匠・・・
もう少し・・・
小さめの枠で・・・
お願いします・・・

リトライ!

かみ

おしっ!
これなら・・・。

紙すき枠のサイズをA3サイズから
色紙サイズにレベルを落としての
再挑戦!

かみ

フリ。フリリ。
・・・・フリ?

このサイズでも2~3回やり直し・・・。

全っ然っ
わからんとです!

アシュ

(もう、ギブっす!)
(手の感覚ないっす!)

ドロドロの液体は冷たく、
更にわたしを追い込みました・・・。

そんなわたしの心を察したのでしょう。

師匠が奥から、はがきサイズの
紙すき枠をさり気なくスッと
出してくれました。

リのリトライ!

かみ

おっ!イイ感じ?

かみ

結局、仕上げは師匠が(笑)

わたくし和紙作り職人には
一生なれません。
向いていないことが今日
明らかになりました。

かみ

出来たやつを干して乾かします。
2日後に出来上がりです。

取りに行くか、郵便で送ってもらうか
選べます。

緊張で全身
カッチカチ!

まとめ

伝統ある久田和紙を後世に伝えていく
という皆さんの姿勢に感動しました。

何より、本当に難しかった!

繊細な感覚でドロドロの液体を
コントロールし、均等にするなんて・・・。

みわ会の皆さん
ただものではないです。

・・・メハギさんも。

※帰りの道中、
メハギさんが笑いながら
わたしの紙すき枠をフリフリするサマを

メハギ

雷に打たれて
感電してるみたいな
動きだったよ♡(笑)
・・・・・。

アシュ

キイィー!
くやしーーー!

おまけ

かみ

聞いてくれます?
この右手のケガを・・・!

こける

昨日仕事中に走ってたらスッ転んで
「グギッ」となりまして・・・。

ひざ小僧から血が出るわ。
すぐ近くに殿方3人衆がいるわ。

「だ、大丈夫ですか?」
と殿方3人衆・・・。
ドン引きしてございます。

転んだとき、つい・・・

「グギャヴッ!」

・・・と叫んでしまったこと。

取り消すことはできないでしょうか?
いまだに後悔しています。

紙工房みわ会 基本情報

住所〒928-0302 石川県鳳珠郡能登町
字小間生梅部89番地1
(小間生公民館内)
電話番号0768-76-0275 (小間生公民館)
FAX番号0768-76-0275 (小間生公民館)
HP紙工房みわ会
活動時間9:00~17:00
(公民館開館時間のため要確認)
休日日曜日・月曜日・祝日・臨時休館日
(公民館休館日のため要確認)

和紙作り体験(紙すき体験)

サイズ体験料金
はがきサイズ(3枚セット)400円
色紙サイズ500円
賞状(A3)サイズ600円

※要電話予約