【道の駅 狼煙(のろし)】で豆腐づくり体験|能登半島の観光スポット

おゆ

アシュ

こんにちは!
のとりっぷライター兼
カメラ担当のアシュです。
メハギです♡
宜しくお願いします。

メハギ

わたし達、石川県珠洲市狼煙町
に来ております!

「狼煙」。
狼の煙と書いて「のろし」。

チョットおっかない名前です。

でも、ちゃんと名前の由来があって
(諸説ありますが)

昔、北前船を難破させないように、(一歩間違えれば佐渡島に流されてたらしいです・・・。)

狼煙町の灯台を最後の目印として「のろし」をあげ合図を送っていたそうです。

そこから町の名前がつきました。

今日はそんな狼煙町にある「道の駅 狼煙(のろし)」で豆腐作りを体験できるということでやって参りました。

その前に、道の駅の目と鼻の先にある奥能登の人気観光スポット

「禄剛埼灯台」

に行くことにしたのですが・・・

禄剛埼(ろっこうさき)灯台について

禄剛埼灯台は「日本の灯台50選」にも選ばれ 、歴史的・文化的価値の高さから、Aランクの保存灯台に指定されています。

能登半島の最先端の岬にたち、ちょうど外浦と内浦との接点にあたる場所。

「海から昇る朝日と、海に沈む夕日」が、同じ場所で見られることで有名です。

行くはずが・・・

カゼ

この日は、雪も降り強風がうねりをあげてて、
行く途中のポケットパークでこのありさま。

晴れてる日の景色はうっとりするほどきれいなんですけど。

カゼ

半島の最先端の岬は、更に凄いはずです!

本当に佐渡島まで飛ばされそうな程の強風。
雨ガッパも持ってきていないので今回は断念。

また改めて皆様に禄剛埼灯台の魅力をお伝えしたいと思います。

灯台

※晴れた日の禄剛埼灯台。

道の駅狼煙から、この禄剛埼灯台(駐車場)まで
車で3分 徒歩5分 です。
駐車場から歩いて15分くらいで灯台に着きます。

~道の駅 狼煙(のろし)について~

こちらの道の駅狼煙のポイントは

・大浜大豆でつくる地豆腐
・里山里海の幸が並ぶ直売所
・大人も子供も楽しめる体験学習

特にこの大浜大豆でつくる豆腐は、県内外から問い合わせがくるほどの評判だそうです。

大浜大豆

この大浜大豆は、 昔から狼煙で作り継がれていた地豆でした。
名前の由来は、珠洲市折戸町の広い砂浜を大浜といい、その周辺で作られていたことが大浜大豆と名付けられた由来のようです。

~大浜大豆について~

しかし、昭和30年代後半頃から葉たばこの栽培が盛んになると徐々に姿を消していきました。

元来の大浜大豆を栽培する農家もなくなって、
「幻の大豆」として途絶えてしまったと考えられていました。

・・・・・時は過ぎ、

全国各地で町づくりや一村一品運動が盛り上がる中、狼煙町の集落もこれに倣って頑張ってはみたものの、目立った成果もなく2年が経過しました。

「お金で何でも買える時代だが、昔ながらの本物の味を、年輩の者が元気なうちに若い世代に伝える事が大切ではないか」

偶然にも一軒の農家さんが細々と大浜大豆をつくっていたことがわかり、

そこから
幻の大豆「大浜大豆」をつかった
商品開発がはじまりました。

苦労を重ね、今ではこだわりを持った豆腐店などからの問い合わせも増えたそうです。

~大浜大豆の特徴~

大浜大豆は5月下旬に種を撒いて8月上旬に白い花が咲きます。

11月中から下旬に収穫する晩生の在来種(地豆)で、味は甘みとコクがあり豆腐、味噌、納豆に使うと非常においしいんだそうです。

~道の駅狼煙に到着~

そと

雪と強風で、
メハギさん震えあがっております。
カメラを持つ手もブルブルです。

駐車場も大型車5台、
普通車106台分の広さです。
トイレも常時利用可能なので
車中泊ファンの方にも安心です。

~店内の商品たち~

みせ

店内には能登の名産品がズラリと並びます。

自慢の大浜大豆の豆腐

みせ

自慢の商品は、併設する専用施設でつくる大浜大豆の豆腐。
豆腐のほかに、大浜大豆のお味噌やおから、それらを使った「おからドーナツ」に「おからコロッケ」。

写真の真ん中あたりのごっそり抜けてる部分は
大浜大豆の「おぼろ豆腐」。

残りわずかだったので、急いで3個お買い上げ。

とうふ

大浜大豆の豆腐の特徴は、コクが強く大豆の甘みがしっかり感じられます。

イートインスペース

みせ

こちらはイートインスペースとなっているようです。

壁にはいろんな灯台の
写真が飾ってありました。
多分、観光ルートとしては「禄剛埼灯台」と「道の駅狼煙」はセットなんですね。

今回はこちらのスペースで「おぼろ豆腐」づくり体験をするようです。

おぼろ豆腐づくり体験の流れ

始める前に、大浜大豆の特徴やおぼろ豆腐の作り方の流れを紙芝居スタイルで説明していただきました。

本日の先生

ひと

教えて下さるのは、下飼(しもかい)さん。

ひと

すごく面白くてツッコミのタイミングも絶妙で、終始わたしイジられてました(笑)

てっきり10年選手のベテランだと思ってましたが、「まだ1年ぐらいですよ」と・・・。

本当ですか?

それでは、
おぼろ豆腐づくり体験スタートです!

おぼろ豆腐づくり
①豆乳を温める

豆乳を100㏄計って入れる

ざいりょう

豆乳はもちろん大浜大豆の豆乳です。
こちらの豆乳も味が濃くておいしそうです。

うつわ

やや、
右の器は珠洲焼ではありませんか!
重厚感のある渋い黒灰色です。

いれる

目盛りがついた柄杓みたいな入れ物に豆乳を入れます。

豆乳の温度を80℃まで上げる

いれる

鍋に熱したお湯が入ってて、柄杓みたいな入れ物に入れた豆乳をそのまま鍋に入れます。

まぜる

温度計が80℃をさすまで、膜ができないよう時々まぜまぜします。

おぼろ豆腐づくり
②豆乳・水・にがりを混ぜ合わせる

水とにがりを計量スプーンで1杯ずつ

まぜる

スコッチグラスのようなグラスに入ってる水とにがりをスプーン一杯ずつ黒の珠洲焼の器に入れます。

いれる

さすが、フードコーディネーターの肩書ももってるメハギさん。手際がいいです。

器の中心に熱した投入を一気に入れる

いれる

ここが一番の難所です!
ここをミスると、だらしない豆腐になってしまいます。

いれる

勢いよく、中心めがけて流し入れます。
緊張しすぎて心拍数があがってます!

すぐに3回かき混ぜる

まぜる

ここでアクシデントが!

すぐに3回かき混ぜないといけないのに、
私の両手は塞がっていました。

片手はスマホ、片手は先程の柄杓・・・。

パニックで思わず

「持ってて‼」

と叫んでしまいました。

誰が何を持てばよいのやら
叫んだ本人ですら分からず・・・・・。

大爆笑!

今のなに?みたいな(笑)

まぜる

さすがは下飼さんです。
抜かりなく、まぜまぜしてくれていました。
ホッ。

その後、下飼さんにはメチャクチャ
イジり倒されましたが(笑)

おぼろ豆腐づくり
③実食!

5分待って完成

できた

わあ!

プルンプルンに固まっています!
美味しそう!

実食です

たべる

こちらの「おぼろ豆腐」は味が濃厚なため、醤油で食べるよりお塩で食べたほうが美味しいとのこと。

それでは、
珠洲産のお塩でいただきます!

たべる

ぱくっ。

お~いし~い‼

すっごく美味しい!
マジで!

こんなに美味しいお豆腐は初めてです。
すっごく濃厚で自然の甘みが半端ない!

うん。これは醤油じゃなくてお塩だな。だな。

でも下飼さんに

「塩かけすぎっ!」

って怒られた(笑)

体験について

大浜大豆 おぼろ豆腐づくり体験

料金800円/人
所要時間30分~40分
持ち物三角巾、エプロン
予約5日前まで(要相談)
電話番号 0768-86-2525
開催人数1名~35名
キャンセル料3日前から前日まで
50%、当日100%

きなこ挽き体験

料金 100円/人
所要時間 20分~30分
持ち物 なし
予約 体験人数が10名を超える
ようであればご連絡下さい
電話番号 0768-86-2525
開催人数 1名~
キャンセル料 なし

大浜大豆 味噌作り体験

料金 4000円
実施期間2020年1月18日(土)~2月3日(月)まで
時間 14時〜16時
持ち物 三角巾、エプロン、マスク、味噌樽
予約 5日前まで(要相談)
電話番号 0768-86-2525
開催人数 4名~12名(要相談)
キャンセル料 3日前から前日まで50%、当日100%
備考※味噌3㎏お持ち帰りできます。
※味噌樽と重しは別途追加料金
1500円にて承ります

まとめ

体験ができたり、自社で豆腐をつくったりと
色んなことに取り組んでいる面白い道の駅でした。

とにかく大浜大豆の豆腐が美味しい!

こちらのHPはかわいいし、
みててすごく面白いので是非!

食事ができるレストランはありませんでしたが、おからドーナツやおからコロッケ、わらび餅やソフトクリームともちろん豆腐。

その他特産物がたくさん売っているので、
色々食べてるとお腹いっぱいになります!

体験も面白かったです。
今日みたいな天気じゃなく、
晴れた日に禄剛埼灯台とセットで今度ゆっくり遊びに来たいです。

道の駅狼煙(のろし)の基本情報

住所927-1441 石川県珠洲市
狼煙町テ部11
電話番号0768-86-2525
FAX番号0768-86-2555
HP道の駅狼煙(のろし)
営業時間8:30〜17:00
季節によって変更になる
場合があります
定休日年末年始​
設備EV充電施設 体験施設
身障者用トイレ ショップ

アクセス方法:お車の場合
金沢方面から能登有料道路+珠洲道路経由 約2時間40分
能登空港から珠洲道路経由 約55分
輪島方面から国道249号経由 約50分