大江山の松波(まつなみ)酒造|能登町松波にある明治創業の酒蔵

ピロ

こんにちは!「のとりっぷ」 の運営と、能登町にある「イカの駅つくモール」の駅長をしているピロ( @kosshael )です。

今回は能登町松波松波にある酒蔵、「松波酒造」をまとめてみました。

  • 明治元年(1868年)創業
  • 松波酒造と言えば大江山
  • 昔ながらの工程を多く残し、能登の寒仕込みにこだわる
  • 酒蔵見学を積極的に行っている

松波酒造とは

SCN_0008.jpg
松波酒造公式HPより

京都の大江山より「酒呑童子のごとく豪快に酒を酌み交わして欲しい」と願い名づけられた大江山は、蔵の中の井戸水の洗米から始まり近代的な酒造りとは真逆に、人の手が関わる工程の多い製造方法で作られています。

酒蔵見学

積極的に酒蔵見学を行っている松波酒造では、県内外や外国人の方も多く訪れます。先ずは0768-72-0005まで電話か、 sake@o-eyama.comまでメールしてみましょう。

  1. 1週間前予約
  2. 蔵見学
  3. 試飲
  4. お買い物

角打ち

角打ちとは酒を販売する酒屋の中で立ち呑みを行うこといいます。松波酒造では店内で大江山をじっくり楽しむことができます。

先日私もお伺いし、飲み比べを存分に楽しんできました(笑)

松波酒造の詳細情報

住所〒927-0602 石川県鳳珠郡能登町字松波30−114
電話番号0768-72-0005
HP松波酒造株式会社
営業時間8:00~19:00
定休日12/30~1/4
見学無料(11月中旬~2月中旬までの
仕込み時期は応対できない場合があります)
試飲あり