【おすすめ】輪島キリコ会館は能登に来たら絶対行くべき観光スポット

輪島市のキリコ会館

どうも、ピロです。

能登は祭りが盛んな場所です。

春祭りや秋祭り、地域ごとに様々なお祭りがあるのですが、旅行者としてはその時期に来ないと祭りを見る事が出来ません。

映像で様子を残すことは出来ても祭りですからね。やっぱり当日の迫力や雰囲気を伝えるには肌に感じる感覚が違います。

 

 

 

が!

 

ここ輪島キリコ会館は僕が知る限り最も祭りの雰囲気を感じる事が出来る場所だと思いました。

なのでおすすめです。   

輪島キリコ会館

能登を代表する祭り、キリコ祭り。

もし祭りの時期に来れたら現場が一番ですが、時期が合わない時は先ずはここにきましょう。

また、一度ここで祭りをじっくり勉強してからホンモノの祭りを見に行くのも良いと思います。

何が凄いの?輪島キリコ会館

キリコってね凄いでかいんですよ。一番デカイの16mくらいあって、しかも重さ2tとかあるんです。

そんなキリコが所狭しと置かれたこの施設は幅も高さも凄いので、お金かかっているだろうなぁ~って思うんです。

輪島市の財力の象徴なのです。

江戸時代中期に作られた能登最古のキリコがある

日本最古のキリコ

はい、財力の象徴だけではないですよ。

すんごいのあります。

能登最古のキリコです。総漆塗りだそうで、他のキリコと比べても最高齢感は全くありません。凄いです。

日本最大のキリコはない

「寺家 キリコ」の画像検索結果
珠洲観光ナビネットより

さぁ!お次は日本最大のキリコ!

 

 

は、ありません。

日本最大のキリコは現役バリバリ!

日本最大のキリコは奥能登珠洲市三崎町寺家にあるキリコで、

大きさは高さ16.5m、重さ4t、屋根の大きさが約12畳もあります。

この秋祭りに登場するキリコが日本最大とされています。

寺家は海沿いに面した道路をキリコが動く為、電線などの障害物がなくこのような大きなキリコが現存する事が出来ました。

日本最大のキリコは圧巻です。

1F 受付・キリコ展示・ショップ

輪島市のキリコ会館1階展示場

1Fは受付・キリコ展示・ショップです。


キリコ展示スペースには、大キリコ7基とキリコ24基が展示されています。

美しいです!

ここまでは24基のキリコ、この後15m級の大キリコが続きます。

 

巨大キリコ能登國

 

出ました!巨大キリコ!

 

写真の巨大キリコ「能登國」は100人以上で担ぐそうです。 

 

キリコ会館にはガイドさんがいます

キリコ会館のガイド

ガイドのお姉さんは気さくに「キリコについて説明しましょうか?」と声を掛けてくれます。

キリコの歴史やそれぞれのキリコに書かれた文字の意味など、詳しく説明してくれます。

 

大型のキリコ

 

館内には祭りの時と同じ太鼓や掛け声が流れているので、

能登に住んでいるものとしてはなんだか高揚してきますね。

輪島キリコ会館のおすすめお土産3選

1Fにはお土産ショップがあり、キリコや能登に関するお土産が沢山あります。

店員さんにおすすめのお土産3選を聞いてみました。

輪島キリコ会館おすすめお土産3位

人気第三位の糀‐こうじ‐らぐんどしゃ

第3位は言わずと知れた有名パティシエ 辻口博啓氏が手掛けたお菓子

「糀‐こうじ‐らぐんどしゃ」

強い!辻口氏!

1回で良いから商品開発お願いしてみたいなぁ、高いだろうなぁ。

輪島キリコ会館おすすめお土産2位

人気第二位のキリコ

第2位は「きりこの模型」

キリコ会館のお土産としては確実ですね。

色も様々なのでかわいいです。

輪島キリコ会館おすすめお土産1位

人気第一位のきりこせんべい

そして第1位は「キリコ祭りせんべい」

せんべいにキリコ会館と焼き印があるのが人気の秘訣だそうです。

やはりご当地ものは強い!

辻口さんの「糀‐こうじ‐らぐんどしゃ」を食べてみた

普通なら第1位のキリコせんべいなのでしょうが、

辻口さんのを買ってしまいました・・・

だって美味しそうなんだもん。

らんぐどしゃを買ってみました

らんぐどしゃを食べてみました

では早速頂きます。

 

 

 

あ、

 

 

美味しい!

こういう箱菓子で美味しいの久しぶりですね。

麹というだけあってほのかに香ります。美味しいです。

糀‐こうじ‐らぐんどしゃ、おすすめです。

2F 空中回廊・スクリーンシアター

2Fは空中回廊・スクリーンシアターです。

空中回廊では、普段は見上げているキリコを上から眺めることができ、

スクリーンシアターでは能登のキリコ祭りがスクリーンに映し出されています。

15mのキリコをこの位置から見る機会はありません。

 

他のキリコも美しい。

館内は照明が赤や青に変わり、館内全体の雰囲気が変わるのが良い感じです。

祭りの夜の様です。

 

スロープを登りきるとスクリーンシアターがあります。

写真では分かりにくいですが、能登各地の祭りの様子が流れています。

3F 展望ロビー

3Fは展望ロビーです。

目前に広がる輪島港、日本海の風景を見る事が出来、1Fのショップから突き抜ける大松明も必見です。

1Fのショップから3Fまで突き抜けています。

本物はもう少し小さいようですが、造りは全く一緒です。

火を点けて倒すのですから危険極まりない、が、

それが祭り!

輪島キリコ会館の御陣乗太鼓無料実演

御陣乗太鼓は輪島市にある名舟町という集落に伝わる無形文化財の和太鼓です。

御陣乗太鼓は1577年、上杉謙信の軍勢が名舟町に攻め込んできた際村人たちは何とか軍勢を追い返そうと鬼や亡霊のお面をつけ、海藻の髪を振り乱しながら太鼓を打ち鳴らすことで上杉の軍勢を追い払ったというお話。

輪島キリコ会館ではそんな御陣乗太鼓の無料実演を行っています。

但し年間スケジュールが決まっているので、カレンダーを確認した上で行かないと見る事は出来ません。

2020年の御陣乗太鼓無料実演スケジュール

こちらが2020年のスケジュールです。

興味のある方はこちらからダウンロードして下さい。

御陣乗太鼓無料実演を見る時の注意点

御陣乗太鼓は名舟町に伝わる和太鼓です。

ですので名舟町の祭りの時期はキリコ会館での実演は行われません。

本場の名舟町で見る事ができるという事です。

輪島キリコ会館の体験メニュー

輪島キリコ会館では2つの体験メニューを受け付けています。

どちらも予約が必要ですので、必ず1週間前には予約をとるようにしましょう。

キリコ担ぎ体験

開催期間通年
所要時間約20分
体験料1人500円(税込)、法被の貸出含む
予約可能人数10名~(小中学生は15名~)40名
1週間前までに要予約

こちらは通年ですが人数制限があります。

体験のキリコもそこそこ重いので、最低10人は必要です。

太鼓叩き体験

開催期間通年
所要時間約20分
体験料1人300円(税込)
予約可能人数1名~40名
1週間前までに要予約

こちらは1人からでも出来ますし、通年受け付けています。

ただし予約は1週間前となりますのでご注意下さい

輪島キリコ会館まとめ

初っ端ふざけてみたけど見ている内に真剣になってしまいました。

祭りの時はいつも明け方まで酒飲んで、片付けして、一休みしたらまた宮に集まって色々やって、そんでかすもみ(反省会のようなもの)やって、隣の在所の祭りに行ってと・・・

最低2日間はめちゃくちゃな時間を過ごしていました。

だからこうやって最古のキリコを見たり、歴史を教えてもらえたのは本当に楽しかったです。

祭りを見るのが一番ですけど、キリコ会館でキリコの歴史をしってから祭りを見るのも良いと思います。

輪島キリコ会館の基本情報

名称輪島キリコ会館
住所石川県輪島市マリンタウン6番1
電話番号0768-22-7100
営業時間08時00分 ~ 17時00分
定休日年中無休
HP公式サイト
交通情報・アクセス穴水ICより車で25分
駐車可能台数140台
駐車場料金無料

輪島キリコ会館の入館料

個人団体(20名以上)障がい者手帳をお持ちの方
一般630円450円
高校生480円370円
小・中学生370円320円